api LUNCHBOX 500-6B-HC (VPR Alliance) 【お取り寄せ商品・納期通常3週間程】【プライスダウン】:パワーレック鍵盤堂 - 60131に基づく表記

2020-02-12
カテゴリトップ>アウトボード>VPR / 500シリーズ>電源/ラック
api
LUNCHBOX 500-6B-HC
(VPR Alliance)
【お取り寄せ商品・納期通常3週間程】
【プライスダウン】

api500シリーズ&VPR Alliance規格専用フレーム

apiモジュール500シリーズもしくは、VPR Alliance規格モジュールを6台まで搭載可能な専用電源装置「ランチボックス」。

新たに「モジュールへの電源供給を1.4倍へ強化」。全てのVPR Alliance規格に対応し、オリジナルのチャンネルストリップや H/Aセット、アウトボードセット等を組み上げることが可能です。

api伝統コンソールと同クラスのモジュールを自由に持ち運ぶ事の可能な専用フレーム「ランチボックス」。

【500-6B】からの仕様変更点

  • スロットへの電源供給を強化しました。(215mA/スロット)
  • D-Sub25ピンを追加をしました。
  • XLR⇔D-Sub25変換として使用出来るチャンネル7、8。
  • 内部電源状態を表示する3連LEDを搭載しました。

多様なアプリケーション

  • 生楽器や、デジタル機器のマルチトラック録音用H/A
  • 可搬性を活かしたライブステージ用プロセッサー
  • ホールや設備での持ち回り用
  • 映像スタジオでの音声処理
  • カスタムチャンネルストリップ等

※注意事項:
api社製の生産完了製品である560Aイコライザー(現行は560となります。)には、15番ピンをダイレクトアウトとして作られている製品がございます。 api 500-6Bは、+48Vのファンタム電源をコネクタの15番ピンで電圧供給していますので、そのまま使用するとモジュールが破損いたします。該当製品をご使用いただくには、基盤上のパターンをカットする必要がございます。詳細に関しましては、お問合せください。


 500シリーズ/VPRAlliance規格用電源ユニット
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
90,000円 (税込97,200 円)送料無料
通常3〜4営業日以内に発送予定
注文数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便